テクノインストラクター 職業訓練指導員

よくある質問

職業訓練指導員と学校の先生の仕事には、どのような違いがありますか?

A

小学校の先生は、国語、算数、理科、社会など幅広い教科を担当し、中学校や高校の先生は、専門の教科目を担当します。教養的な科目が多く、将来の生活や社会で必要となることが中心となっています。
一方、職業訓練指導員の場合は、高校新卒者、求職者、在職者等、様々な方が対象者となります。また、ものづくりに関する職業訓練が主となり、機械、電気、電子情報、建築等の専門性を有しています。
また、ものづくりに関する職業訓練を担当するには、変化する技能・技術への対応も必要となるため、職業訓練指導員としての継続的な能力の向上が求められます。これは、たいへんなことではありますが、自らの能力を高めるという点では、やりがいの1つと考えることもできます。
職業訓練指導員と学校の先生は、対象者は違いますが、どちらも人に関わる仕事で、人の能力を伸ばす仕事であるため、感謝されることも多い仕事と言えます。

職業訓練指導員が働く公共の職業能力発施設は、どのくらいありますか?

A

都道府県においては、全国で職業能力開発校179か所(分校等含む)、職業能力開発短期大学校15か所(キャンパス等含む)などがあります。
(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構においては、全国に職業能力開発促進センター(愛称:ポリテクセンター)61箇所、職業能力開発大学校(愛称:ポリテクカレッジ)10か所(別に附属校14か所)などがあります。

職業訓練指導員という仕事の将来性などは?

A

都道府県が運営する職業能力開発施設で働く職業訓練指導員は、地方公務員になり、法務省の矯正施設で働く職業訓練指導員は、国家公務員になりますので、いずれも安定した仕事と言えます。
また、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構については、厚生労働省管轄の独立行政法人であり、国に準ずる公的な機関として安定した仕事と言えます。
なお、認定職業訓練施設には、例えば、トヨタ工業学園、デンソー工業学園、アイシン高等学園などがあります。